日本の黄金世代:日本サッカーの未来に迫る

日本の黄金世代:日本サッカーの未来に迫る スポーツ

日本サッカー界には、ひとつの道筋が作られています。それは、最初からプロになるための道です。

なぜかサッカー報道で「xx 世代」という表現がよく使われます。

なぜ、サッカーでは他のスポーツに比べて年齢別のチームの存在が目立つのだろうか。

理由のひとつは、世代別の世界大会があり、一定の権威が確立されていることが理由のひとつです。各大会は国際的に一定の権威と実績を確立しています。

FIFA(国際サッカー連盟)が主催するワールドカップは4年に1度、U-20(20歳以下)ワールドカップ、U-17ワールドカップ(17歳未満)は2年ごとに開催されています。

4年に1度のワールドカップでは、例えばU-17ワールドカップなどでは、開催時に14歳である選手は参加できません。

FIFA主催ではないですが、オリンピックの男子サッカーの場合、23歳以下(大会によってはオーバーエイジ有り)の選手しか参加できません。したがって、ある意味、年齢別トーナメントの1つとして数えることができます。

この年齢別大会に出場する代表チームは、予選も含めて、当然、その世代のトップ選手を揃えることが期待されます。

次世代を担うフル代表の姿を、ファンはここで見ることができます。更にメディアの注目度も非常に高いです。また、これらの大会では、他国との比較だけでなく、日本国内の歴代代表との比較も容易にできます。

よって、「xx 世代」という表現がよく使われるのです。

“ 初代 “ 「黄金世代:1979年組」

日本の黄金世代:日本サッカーの未来に迫る

さて、ここで日本サッカー界の “ 初代 “ 「黄金世代」は「1979年組」とも呼ばれ、もともと1994年にカタールで開催されたU-16アジアユース選手権で優勝したことから、この名がついきました。

この大会に出場した主な選手は、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、酒井智史、のほか、中田浩二、遠藤保仁、小笠原満男がいて、後にU-20ワールドユースに参加して2位を獲得しました。

稲本選手は サッカー オッズ の本場である、イングランドのアーセナルFCに、小野選手はオランダリーグのフェイエノールト、高原選手はドイツのハンブルガーSVに在籍して、この3人は、この世代を代表する選手であり、当時、海外で活躍した数少ない選手でもあります。

2006年ドイツワールドカップでは、中田英寿をはじめ、この 「黄金世代」の「1979年組」実力派が集結し、史上最強といわれた「ジーコジャパン」が誕生しました。当時はW杯代表登録選手23人のうち、海外組は6人でした。

今、日本代表のスタメンに国内組の選手が入ることは稀です。

2020年10月、欧州で行われた親善試合では、新型コロナウイルスの検疫・入国制限のため、全員が欧州の選手で構成されたが、ほぼベストメンバーで試合に臨みました。

海外組が優れていて、国内組が劣っていると考えるのはナンセンスでしょう。

しかし、サッカーの本場で戦力として評価される日本人選手は、益々増えています。

日本はこれまで、サッカーで世界の注目を集めるようなチームではありませんでしたが、今、非常に有望な立場にあることがわかりました。

では、具体的に誰に注目すればいいのでしょうか。

東京オリンピック世代 / 最強世代

2020年の東京オリンピックに出場する1997年から2000年生まれの選手は、「黄金世代」「最強世代」と呼ばれることがあります。上田綺世、冨安健洋、堂安律 選手などです。

また、厳密にはパリ五輪世代である2001年生まれの久保建英もこの世代に含まれることがあります。日本で開催されるオリンピックに出場する世代ということでそう呼ばれていますが、東京オリンピックの予選でもあるAFC U-23選手権2020ではグループリーグで2敗して敗退しました。(ただし、自国開催のため日本のオリンピック出場。)東京オリンピックの本大会では、日本代表はメダル獲得にあと一歩及ばずでした。

上田綺世 | ベルギー サークル・ブルッヘ

上田選手は信頼でき、確実で、安定した鹿島アントラーズの選手でした。今シーズン、上田選手は16試合に出場して10得点を挙げ、Jリーグのタイトル争いの先頭に立つ24歳の選手として、輝かしいシーズンを送りました。得点ランキングのトップに君臨することは、彼のネットを揺らす能力の高さを示すものであり、フライブルクやバーゼルといったヨーロッパのクラブがこの選手に注目し始めていることからも、上田選手のプレーは間違いなく一流です。

ゴール前で落ち着いてプレーできる信頼性と心の強さは、彼のプレースタイルの重要な要素であり、フォワードに求められるものすべてを備えています。

2022年7月、ベルギー1部サークル・ブルッヘへ完全移籍することが発表されました。

堂安律|ドイツ SCフライブルク

極めて多才な選手を抱えるガンバ大阪から生まれた、最大の才能を持つ堂安選手は、長い道のりを経て現在の地位を確立した選手です。

彼は2015年、『ガーディアン』紙のネクストジェンシリーズの一環として、ベン・マブリーから「日本サッカー界の新世代の始まり」と指摘されました。そこから一気に力をつけ、ガンバでわずかな試合しか出場しませんでしたがその後、2017年にオランダ1部のFCフローニンゲンで欧州移籍を果たし、2019年にはオランダ、PSVアイントホーフェンに移籍しました。

フローニンゲン出身のアルイェン・ロッベンと同じく、堂安選手は右サイドでのプレーを好む左利きの選手です。そのため、左サイドに切り込んでスペースを作り、長距離シュートや味方へのパスを出すシーンがよく見られます 。

経験不足にもかかわらず、フローニンゲンではすぐに適応し、すぐにチームにインパクトを与えました。最初のシーズンの終わりには29試合で9ゴールを挙げ、ハンス・ナイランド監督から「エールディヴィジの宝石」と評されました。

久保建英|スペイン レアル・ソシエダ

サムライ・ブルーのスターボーイ、久保選手は、そのキャリアの大半をスペインで過ごしてきました。当初はラ・マシアでプレーしていたが、やがて日本に戻り、レアル・マドリードに目を付けられて引き抜かれ、スペイン到着後は何度もレンタルで送り出され、RCDマジョルカで2度目のスペアを経験しています。

レアル・マドリードのユースアカデミーで最も有望な選手の一人として評価され、2020年10月にシニアチームへの招集を受けました。

2022年7月19日、レアル・ソシエダへの完全移籍が発表されました。

FCバルセロナは、8歳の久保選手を見つけましたが、FIFAから移籍違反の疑いをかけられ、彼をJリーグに戻さざるを得なかったのだ。将来性のある選手として、久保選手はトップチームでの経験を積んだ後、FCバルセロナのカンプノウの壁の中で成長を続ける予定でした 。

しかし、レアル・マドリードが、はるかに有利な契約を提示し、彼を獲得しました。

Jリーグ(J3)で最年少の15歳10カ月でゴールを決め、横浜F・マリノスにレンタル移籍していた17歳でJ1初出場を果たし、ゴールを量産しました。

メッシのレッテルを貼られた選手といえば、小柄で、ボールが足に吸い付くようなイメージですが、彼は、ボールを持つと足がすくむような選手で、その思考の速さ、まばゆいばかりの足さばき、大胆不敵な走りで相手ディフェンダーを止めるどころか、彼の動きを予測することも困難な選手です。

RCDマジョルカでは、想像をはるかに超えるスピードで順応し、予定よりかなり早くトップチームに入ることができました。スペインでは、「マジョルカで最も優れた攻撃的才能を持つ選手」と評価する声も聞かれました。

予想通り、彼はすでに日本代表のシニアレベルの技量を持っており、サムライ・ブルーの新時代を切り開くことができるのではないかと期待されています。

冨安健洋|イングランド アーセナルFC

久保、堂安、安部選手といった若手有望株を擁する日本代表の前線は極めて健全であり、ボール回しのうまいDF冨安選手は必要不可欠なバランス感覚を備えています。

16歳のとき、J2のアビスパ福岡に入団した冨安選手は、落ち着いた雰囲気のホールディングMFとしてプレーしていました。まだ若く、経験豊富なプロが支配するポジションであるにもかかわらず、彼はこの役割に必要なポジショニングと戦術的センスを発揮し、守備面でも精神面でもほとんど落ち着いていました 。

彼がベルギーのシント・トゥルイデンに移籍したことは、それほど驚きではありませんでした。冨安選手はシント・トゥルイデンで右サイドのセンターバックとしてプレーし、1シーズンで十分な評価を得て、ボローニャの関心を引きました。

彼のオールラウンドなプレーは、ボールを持って前方に飛び出し、相手選手を簡単に抜き去る映像で広く知られるようになりました。

” 彼は今後10年間、日本のセンターバックのファーストチョイスとなるだろう ” と言われています。

日本サッカー界の100年ビジョン

Jリーグ100周年を記念して、プロ100人の参入によるリーグ制を目指す100年構想が展開されました。

日本に100のプロクラブを持つこと、そして最後に2092年までにワールドカップで優勝することが、100年構想の一部です。

2092年までにワールドカップで優勝できるかどうかはまだわかりませんが、100のプロクラブが存在する国になることは間違いなさそうです。

成功は一夜にしてならず、日本サッカー協会もそれを理解しているからこそ、このような長期的なビジョンを掲げたのでしょう。日本代表のサッカーは、質、人気ともに徐々に向上しており、18歳以下の日本人選手が欧州の名門アカデミーに移籍していることも考慮すれば、未来は明るいと楽観視できます。

FIFAワールドカップ カタール 2022 に賭けてみませんか?

賭けっ子リンリンでは、最高のサッカー オッズの提供やベッティング ジャンル(賭け対象)がほかのブックメーカーと比較してもより多く用意されています。

間もなく開催される、ワールドカップ 2022、20以上の国内外の全スポーツにも賭けることができます。

更にオンラインスポーツベッティングには、試合前の通常ベッティングと、試合中のライブベッティングの2種類があります。試合前の賭けはもちろんのこと、ぜひ生配信を見ながらリアルタイムで「ライブベッティング」も利用してみてましょう。

どちらが先制点を取るか、前半でどのチームが何点リードするかなど、賭け方は様々です。

賭けっ子リンリンでは、一流ブックメーカーのオッズを使用し、一年を通して世界のスポーツイベントをお届けしています。

タイトルとURLをコピーしました